5ステップで台本を捨てる~ジョブズのプレゼン本から学んだこと⑪~


※この記事は、昔Amebaブログで記載していたものを転記したものです。

この本、私が最近の読んだ本のなかで、大ヒット本です。

気になったワードを何回かに分けて書きたいと思います。

『5ステップで台本を捨てる』

1、パワーポイントの「ノート」にしゃべる内容を文章で書く

2、1で書いた台本のキーワードをハイライトするかアンダーラインを引いてから、プレゼンテーションの練習をする。

3、キーワードだけを残して台本を削除する

4、スライドごとにひとつのキーアイデアを頭に叩き込む

5、メモなし、スライドのみをプロインターとしてプレゼンテーション全体を練習する

※プロンプター(英: [名] prompter, [動] to prompt)とは、舞台演劇において、出演者が台詞や立ち位置、所作を失念した場合に合図を送る(プロンプトを行う)ことを役割とする舞台要員(スタッフ)のこと。(BY wiki)

この5つのポイントは当たり前のことかもしれません。
・・・が、実際ここまでできていますか?


この記事を書いた人

東証一部上場企業のコンサルティング会社に勤務する2児のママ(2歳9か月と6ヶ月の娘2人)。仕事と家事と育児をどう効率的にするかを追求するのが好き。趣味は美容・健康・旅行・仕事。特にアロマ、ハワイ、ボディメイクが好き。

jinをフォローする
書籍・Youtube感想文
jinをフォローする
コンサルママとノマドパパ

コメント

タイトルとURLをコピーしました