深圳視察レポート〜飲食店〜

中国の飲食店では厨房にカメラを設置し、そのカメラの映像をお店に来ているお客様が見えるようにしてるお店が増えているのだとか。

シズル感を出すために見せる演出をするためではありません。防犯カメラの映像です。

飲食店の厨房はブラックボックスです。

どのような衛生管理をしているのか全く分からずで出てきたものを信頼して食べるしかありません。

日本ではお客様の見えないところで従業員がふざけた動画を撮ってSNSにアップするというのが若者でのブームになってしまっている中、このように見せることによって安心を与えれます。

安心、安全を当た得られる店はこれからも伸びていきそうな気がしますね。

ただ、日本でこれをやると採用できなさそうな気がしますね。苦笑

この記事を書いた人

東証一部上場企業のコンサルティング会社に勤務する2児のママ(2歳9か月と6ヶ月の娘2人)。仕事と家事と育児をどう効率的にするかを追求するのが好き。趣味は美容・健康・旅行・仕事。特にアロマ、ハワイ、ボディメイクが好き。

jinをフォローする
ママ日記
jinをフォローする
コンサルママとノマドパパ

コメント

タイトルとURLをコピーしました