チャットワークのタスク機能を自分以外の人が使ってくれない!それでもチャットワークでタスク管理する方法

コンサルママとノマドパパを運営する我々夫婦が公私共に使っているチャットワーク。

私はサービスリリース前からチャットワークさん(当時はECstadioという会社でしたが)を知っていて、サービスリリース時にこれ使って見てください!と直接ご案内頂いたので、そのころから使っていました。

2011年3月にリリースでしたので、チャットワーカー歴(私が勝手に作った言葉です)8年目になります。

実はチャットワークのエヴァンジェリストにも任命してもらい、普及活動に協力しています。

そんな私が教えるチャットワーク使いこなし術をいくつか紹介したいと思います。

まず第1弾。タスク管理です。

チャットワークの機能の一つ、タスク管理。

このタスク管理機能は自分のタスクだけではなく、相手のタスクも管理できるという素晴らしい機能なのですが、相手がチャットワークでタスク管理をしていない場合、タスク機能で相手にタスクを送っても、完了ボタンを押してくれず、依頼したタスク一覧がどんどん溜まって行くんですね。

依頼された側はずっとタスクのところに私から依頼されたタスクが残っているし、タスク数にも表示されているので、気持ち悪くないのかなとタスク完了しない人の気持ちが分からないのですが、、(笑)

それでも私はチャットワークで自分のタスクも人のタスクも管理したい。

何かいい方法はないかと探していたときに見つけた方法が

「依頼するタスクを自分のタスクとして投稿しておく」という技。

実はこれ社内向けにチャットワークのマニュアルを作ろうとしていたときに、チャットワークさんの動画マニュアルで発見した技なんです。

チャットワークのタスク管理方法の動画

動画では人に依頼するときに、自分も担当者に入れ、相手がタスクを終えて完了ボタンを押したら、自分も完了ボタンを押す。という方法が紹介されています。

なるほどー!と思い、早速使いましたが、相手がタスクを完了してくれない問題はなくならなず、依頼したタスクがどんどん溜まっていくというのは解消されなかったので最近は人に依頼するのをやめ、自分だけのタスクにすることにしました。

これで人に依頼したタスクも全てチャットワークで管理できます。

人に依頼したタスクが自分のタスクとして期限切れになるので、リマインドもできてとても便利ですよ!

ABOUTこの記事をかいた人

東証一部上場企業のコンサルティング会社に勤務する2児のママ(2歳9か月と6ヶ月の娘2人)。仕事と家事と育児をどう効率的にするかを追求するのが好き。趣味は美容・健康・旅行・仕事。特にアロマ、ハワイ、ボディメイクが好き。