Google Cloud Platform に登録してAPIキーを取得する手順

この記事では、Google Cloud Platform を利用したことのない方が、GCPに登録して、API取得するまでの手順を記載しています。

Google Cloud Platform に登録する

Google Cloud Platformのサイトを開きます。

Google Cloud including GCP & G Suite — Try Free  |  Google Cloud
Build, innovate, and scale with Google Cloud Platform. Collaborate and be more productive with G Suite. See what’s possible with Google Cloud.

「無料トライアルをお試しください」または「無料トライアルに登録」をクリック。

国とメール配信設定、同意の選択欄があるので、「はい」を選択肢、「同意して続行」をクリック。

住所、連絡先、お支払いタイプ、お支払い方法を入力して「無料トライアルを開始」をクリック。

APIキーを取得する

今回はCloud Natural Language APIを利用するまでの流れを紹介しますが、他のAPIも同様のやり方で設定できると思います。

「ようこそ」の画面が出たら、「API」をクリック。
※左上のメニューから「APIとサービス」をクリックしてもOK。

上部にある「APIとサービスの有効化」をクリック。

検索欄に利用したいAPI名を入力。

利用したいAPIが出てきたらクリック。

「有効にする」ボタンをクリック。

次に、画面左にある「認証情報」をクリック。

「認証情報を作成」をクリックして、「APIキー」を選択。

「APIキー」が作成されました。

以上でAPIを取得できました!

APIキーは他人に使われるとヤバいことになります。厳重に管理してくださいね!

GCPをGASで使う

Google Cloud PlatformのCloud Natural Language API(自然言語API)をGASで利用する方法についても記事を書きました。

結構簡単に自然言語の分析ができちゃいます。ぜひご覧ください。

【Google Apps Script】GASで自然言語API(Cloud Natural Language API)を利用する方法
自然言語APIをGASで使うことになった チャットワークを使った社内用問い合わせbotを作ってほしいと言われたので得意のGoogle Apps Script(GAS)で作ったのですが、その過程でGoogleの自然言語API(Cloud N...

コメント