ヒルトンタイムシェアをまた買ってしまった!

タイムシェア

私達夫婦は2015年12月にハワイのヒルトンタイムシェア(2ベットルーム・ゴールド)を購入しました。

このタイムシェアですが、1度買うと、行くたびにセールスを受けることになります。

もちろんセールスは断る事も出来ますが、ポイントくれたり、現地で使える商品券をくれたりするので、ついつい行ってしまうという仕組みが出来ています。

今回はハワイに行ったのではなく、年末にヒルトングランドバケーションズから電話があり、日本のオフィスに来て説明受けたらポイントあげるよ〜と言われたので、ポイントをもらいに冷やかしに行ってきたら、まんまと買ってしまったという話です。

見事なセールスだったので、記録しておきます。笑

実はこの前に受けたセールスは断れたのです。

部屋のアップグレードをおすすめされたのですが、その提案に魅力を感じずに断りました。

ちなみにこの時の提案はゴールドからプラチナに変更しては?という内容でした。

ゴールドはタイムシェアを利用できるシーズンが決まっているのに対し、プラチナだとどの時期でも予約が出来ることになるので、子供が小学生なり、夏休みや冬休みしか休めなくなったらゴールドシーズンでは来られなくなってしまうからプラチナに!という提案だったのですが、

今払っている管理費用と同等でプラチナに変更すると、

・1ベットルームになってしまう

もともとハワイ旅行は私達家族だけではなく、親や友人家族も連れて行きたかったので、1ベットルームになるのが嫌だった。

・子供が小学生になるのがまだまだ先

小学生になっても休ませていいのでは?と思ったこと(ダメな親!)

・行けない時期はポイントで他のところに行く

子供が小学生になってから、休ませるのがちょっとと思うようになったら、自分達のタイムシェアをホームウィークで使うのではなく、ポイントを使って他のタイムシェアやホテルを利用できる

・どうせ購入するならハワイ以外のタイムシェアが欲しい

アップグレードでお金をかけるより、他のタイムシェアを購入したほうが複数の国に行ける

上記4つの理由で提案を断ったのですが、今回はこのプラチナアップグレードではなく、断った理由の4つ目の、どうせ購入するならハワイ以外のタイムシェアを。というのを突かれ、ハワイ以外のタイムシェア、それも最もポイント効率の高いタイムシェアを勧められました。

そのタイムシェアは、ラスベガスにあるタイムシェアで、ハワイのタイムシェアに比べ、ポイント効率が抜群に良いのです。

上がラスベガス、下がハワイのタイムシェアの価格です。

同じ4800ポイントのプラチナで販売価格も管理費用もラスベガスの方が安いです。

同じ4800ポイントをゲットするために、管理費用を1492ドル払うか、837ドル払うか。

しかも物件費用も5400ドルも変わります。

また、管理費用というのも年々上がっていきます。(これがタイムシェアのデメリットとネットで酷評されているのも見かけます)

この管理費用の上昇率はハワイに比べラスベガスは4分の1だそうです。(理由はラスベガス自体の税収がカジノで儲かっているからだそうです)

ということで、もう一つ買うなら違うタイムシェアを購入したいという私達のアップグレードしない理由を見事に突破され、あとはほんとうにこのタイムシェア(ポイント)が必要なのかというのを考えたいと言ったら、ポイントを使ってどういう旅行ができるかを説明され、意外と4800ポイントで楽しい旅行ができることを教えてもらい、その旅行がしたくなり、、

とりあえず、そもそも4800ポイントの物件があるのかどうか調べてもらうことにしたところ、なんと1つだけ在庫がある!という、、図られたような奇跡が起き、、、

購入してしまったのでした。

コメント