【GASでつくるChatWork問合せbot】①作成手順

働き方改革

ChatWorkとGASとGoogleCloudPlatform(GCP)を利用して、誰でも無料で作れる問合せ対応チャットボットを作成しました。GASにコピペするコードはnoteにて格安で販売中です。
【ワンコインGAS】Chatworkで問い合わせbotを作る

作成後の使い方・運用方法はこちらで説明しています。
【GASでつくるChatWorkで問い合わせbot】②使い方

この記事では問合せbotを作成する手順を紹介します。

用意するもの

  • チャットワークアカウント(bot専用アカウントの作成がおすすめ
  • Googleアカウント
  • Google Cloud Platformアカウント(登録方法は後述)

作り方の手順

Cloud Natural Language APIを利用するAPIキーを取得する

Google Cloud Platform に登録して、Cloud Natural Language APIを利用するためのAPIキーを取得します。
GCP登録&APIキー取得の方法は、以下の記事を参考にしてください。
Google Cloud Platform に登録してAPIキーを取得する手順

ChatWorkのAPI Tokenを取得する

次にChatWorkにbotで使用するアカウントにログインしてAPI設定を開きます。

API Tokenの画面でChatWorkのパスワードを入力して「表示」をクリック。

API Tokenが表示されるのでコピーします。(後ほど使います)

Googleドライブでスプレッドシートを作成する

Googleドライブを開き、「新規」ボタンからGoogleスプレッドシートを作成します。

「ツール」から「スクリプトエディタ」を開きます。

デフォルトで入力されているコードは消し、noteを購入後に表示されるコードの全文をまるっと貼り付けます。

コードの上部にある初期設定の中にある
・google Cloud Platform APIキー
・Chatwork API Token
に、上で取得したGCPのAPIキー、ChatWorkのAPI Tokenをそれぞれコピペします。

保存ボタンを押すとプロジェクト名の編集画面が出るので、適当な名前を入力してプロジェクトを保存します。

スプレッドシートに戻ってブラウザのページ更新ボタンを押します。
更新してから数秒後、メニューに「初期設定」が出現しますので、「初期設定」→「初期設定を行う」をクリックします。

初回のみアカウントの選択、アクセスの許可のウィンドウが出ますので、許可してください。

許可すると、自動で「シート1」の1行目にフィールド名が入力され、ログ保存用に「シート2」というシートが作成されます。

シート1は質問に対する回答と、質問に関するキーワードを10個まで入力できるようになってます。
シート2は最初は空欄ですが、botが回答する度に自動でログを記録します。
詳しくは問合せbotの使い方の記事をご確認ください。

ウェブアプリケーションとして公開する

スクリプトエディタに戻って、「公開」→「ウェブ アプリケーションとして導入」をクリック。

アプリケーションにアクセスできるユーザーを「全員(匿名ユーザーを含む)」にして「導入」をクリック。

表示された「ウェブ アプリケーションのURL」をコピーします。

ChatWorkでWebhookを設定する

ChatWorkの「API設定」から「Webhook」の画面を開いて「新規作成」をクリック。

適当にWebhook名を入力し、「Webhook URL」は先ほどコピーしたウェブアプリケーションのURLをペーストします。
「イベント」は「アカウントイベント」を選択して「作成」をクリック。

これで、ウラ側の設定が完了しました。

GASにコピペするnoteはこちらで格安で販売しています!
【ワンコインGAS】Chatworkで問い合わせbotを作る方法

次の記事では、スプレッドシートで回答とキーワードを設定して、実際にチャットbotに質問してみます。

【GASでつくるChatWork問合せbot】②使い方
GASで動くChatWorkの問合せbotを作成しました!コードはnoteにて格安で販売中!【ワンコインGAS】Chatworkで問い合わせbotを作る方法最初の設定方法はこちらの記事で説明しています。【GASでつくるChatWork問合...

コメント