ハワイのレストランのお会計をクレジットカードで払いたいけど、チップはどうすればいいの?

海外旅行の場合、支払いを現金ではなく、クレジットカードでされたい方も多いはず!

でもチップってどうすればいいの?と思われますよね?

今回はレストランでのクレジットカードでのお会計方法について記載したいと思います。

 

まず、お会計を頼むと、レシートが渡されます。

チーズケーキファクトリーででてきたレシート。

最近のレシートは、チップの料金も掲載されていますので、受けたサービスに応じてチップを払ってあげましょう。

 

チップの払い方は、二つあります。

①料理のお会計はクレジットカード、チップは現金という場合。

クレジッドカードをレシートと一緒に挟み、チップはウエイターに「チップ」と言って渡すだけでOKです。

クレジットカードの領収書を持ってきてくれるので、そこにサインしてお会計終了です。

 

②料理のお会計も、チップもクレジッドカードで払いたい場合。

クレジットカードとレシートをウエイターに渡します。

ウエイターが領収書を持ってきますので、チップの料金と合計金額を書いてサインして、ウエイターに渡してお会計終了です。

接客力の高さで評判のチーズケーキファクトリーですが、この日は混雑してたのもあり、放置されたので、チップ渋めです。笑

え!チップの金額払えてなくない?って思うかもしれませんが、どうやらサインした後に決済するようですね。

不安な場合はクレジットカードでチップを払うのは辞めたほうがいいと思います。

クレジットカードで払う場合は、後からクレジッドカードの請求書の金額と払った金額があっているか、確かめた方がいいと思います。

店側が後から自由に入力できちゃいますからね・・・。

 

領収書は、チップ・合計金額・サインをする領収書は同じものが2枚渡されるので、一枚持って帰りましょう。

はじめに提示された領収書も持って帰るものなので、こちらと合わせて2枚持って帰ります。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東証一部上場企業のコンサルティング会社に勤務する2児のママ(2歳8か月と6ヶ月の娘2人)。仕事と家事と育児をどう効率的にするかを追求するのが好き。趣味は美容・健康・旅行・仕事。特にアロマ、ハワイ、ボディメイクが好き。