松戸駅前の法人登記できるコワーキングスペース2選

意気揚々とタイトルに「2選」と書きましたが、お察しのとおり全部で2店舗しかないです。
いろんな使い方ができるコワーキングスペースですが、今回は料金を中心に比較をしていきます。

営業時間・営業日

デジラボ 平日: 9:30 – 21:00
土日祝:10:00 – 20:00
バナナクラスター 平日: 9:00 – 21:00
土日祝:10:00 – 18:00

土日祝の営業時間は、バナナクラスターが少し短くなっています。

営業日についてですが、バナナクラスターは月1程度の休業日があります。
デジラボは基本的にお盆と年末年始以外は無休のようです。

ドロップイン(一時利用)の料金比較

デジラボ 1時間 300円
3時間 700円
1日 1,300円
バナナクラスター 1時間 300円
3時間 600円
1日 1,200円

一時利用で比較した場合、1時間であればどちらも300円です。
3時間や1日の利用となるとバナナクラスターの方が100円安くなります。

コワーキング月額の料金比較

ここでは、営業時間中使い放題のプランの最低料金を比較しました。
初期費用や最低利用期間などは考慮してません。

デジラボ 10,800円/月
バナナクラスター 9,800円/月〜(正会員・スタンダード)

バナナクラスターの方が安いですが、入会金5,400円が必要なのと、最低利用期間は3ヶ月です。
一方、デジラボの入会金は2,160円ですが、6ヶ月継続すると実質無料になるよう値引きがあるようです。

なお、上でも書きましたがバナナクラスターは毎月休業日があります。

バーチャルオフィスの料金比較

法人登記ができる最低料金の月額を比較しました。

デジラボ 2,160円/月(年払いの場合)
バナナクラスター 17,000円/月(コワーキング利用込)

法人登記するだけなら確実にデジラボが安いですね。月払いにしても3,780円です。
バナナクラスターはコワーキングの正会員で最上位のプレミアムプランでのみ法人登記可能です。

結論

バーチャルオフィスならデジラボ一択。
コワーキングスペースの利用なら場所や雰囲気で選ぶと良いと思います。

ウチは自宅で作業できるしコワーキングは必要ないので、デジラボのバーチャルオフィスを年払いで契約しています。
郵便物が届いたら画像つきで通知メールを送ってくれるサービスはマジで助かってます^^

ABOUTこの記事をかいた人

ワークスタイルコンサルティング合同会社代表。2児のパパ。kintone、GoogleAppsScript、Tableau、zapierなどのIT化コンサルタント&人物撮影専門カメラマン。