【台湾カフェ】朝早くから開いている!世界一になったバリスタが作ったカフェ、Fica Fica Cafe

オープン時間が11時、12時台のお店が多い中、8時から開いているFika Fika Cafe

Fika Fika Cafeは北欧コーヒー大会「ノルディック・バリスタ・カップ2013年」において、エスプレッソ部門とノルディック・ロースター2013で世界チャンピオンになった、バリスタが開いたお店だそうです。

お店のガラスにもその称号がどーんと乗っていますね。

メニューは日本語メニューがありました。

朝食?ブランチ?メニュー(クロワッサンのサンドウィッチ、サラダ、ヨーグルト)もあったのですが、「台湾っぽくない」ということで、朝食を食べるのはやめ、コーヒーだけにしました。

ラテを頼んでみました。

インスタ映え写真が取れたと大満足!

店内はとてもおしゃれで落ち着いた雰囲気。

コーヒーももちろん美味しかったです。

コーヒーのお店のカウンターにはお水が置いてくれているところが多いですが、ここではお湯も置いてくれてました。

食べてはいませんが、スコーンやベーグル、パウンドケーキなどもありました。

私らのような観光客よりも仕事をしている人や勉強をしている人が多かったです。

仕事も勉強もはかどる雰囲気でてます。

私らのようにスケジュールを立てずに台湾旅行に来ちゃった!という方も、少し早起きしてここでスケジュールを立てるのもよいかと。

いい旅プランがつくれそうですよ。

Wi-Fiもフリーなので、検索し放題です。笑

 

Fika Fika Cafe

HP

https://www.facebook.com/FikaFikaCafe/

Fika Fika Cafe(トリップアドバイザー)

 

営業時間

月 – 金  8:00 – 21:00
土 – 日 10:00 – 21:00

住所

台湾台北伊通街33号

アクセス

松江南京駅徒歩約4分

ABOUTこの記事をかいた人

東証一部上場企業のコンサルティング会社に勤務する2児のママ(2歳9か月と6ヶ月の娘2人)。仕事と家事と育児をどう効率的にするかを追求するのが好き。趣味は美容・健康・旅行・仕事。特にアロマ、ハワイ、ボディメイクが好き。